看護小規模多機能型居宅介護

看護小規模多機能型居宅介護とは?

要介護状態となっても住み慣れたご自宅や地域において、生活を継続できるよう応援するサービスです。
ご利用者の療養生活を支援し、心身機能の維持回復及び生活機能の維持を行います。「通い」を中心としたサービスに、「訪問」や「泊まり」を組み合わせた多様なサービスを提供いたします。
医療的な処置を必要とする方への「訪問看護」も加わることにより、より柔軟な対応が可能なサービスです。

 

こんな方におすすめです!

  • 定期的な医療処置が必要な方(胃瘻、点滴など)
  • 医療機器を常に使用している方
  • 床ずれや傷の処置をして欲しい方
  • 自宅での看取りを考えている方

登録定員は25名、通いの1日定員は15名、泊りの1日定員は9名です。
少人数のサービスなので、お一人お一人の生活に合わせたケアが可能となります

ページのトップへ